【サッカー】<元Jリーガーが明かしたラグビーを選ばなかったワケ>「NZで子どもに一番人気のあるスポーツはサッカーです」

話題

1 :Egg ★:2019/10/27(日) 11:03:02.91 ID:5egY2uiA9.net
「ニュージーランドで子どもに一番人気のあるスポーツは今も昔もサッカーなんです」

ラグビー日本代表の快進撃で、季節外れの桜一色となった日本列島。“4年に一度じゃない。一生に一度だ。”という公式キャッチコピーにも触発された筆者もご多分に漏れず、ラグビーの素晴らしさを感じる機会となったことは言うまでもない。

 そして今回、また違った立場でラグビーワールドカップ日本大会を楽しんでいる“サッカー選手”がタイにいる。ニュージーランド人の元Jリーガー、ヴィンセント・ケイン、30歳だ。

“新日ハーフ”ストライカーは、ラグビーを国技とする国で生まれたにもかかわらず、サッカーを選んだ。何故なのか。バンコクで彼の生い立ちや思いを聞かせてもらった。

――◆――◆――

――“ラグビー大国”ニュージーランド(以下、NZ)で、サッカーの立ち位置ってどのようなものなのですか?

「NZでは、男子も女子も、学校の体育の授業でラグビーをやるのですが、今も昔も子どもたちに一番人気があるスポーツはサッカーなんですよ。意外でしょう?(笑)」

――それは確かに驚きですね。ケイン選手も幼少期からサッカーをやっていたのですか?

「はい。でも夏はテニスと水泳、冬はサッカーとラグビーを掛け持ちでやっていました。あと柔道もね、父が柔道選手だったので」

――その中から何故サッカーを選び“生業”とされたのでしょうか?

「転機は12歳の時でした。当時、サッカー・ラグビー・テニス、それぞれでU-13オークランド代表(人口の約1/4強が居住するNZ最大都市の地域代表)に選ばれていたんです。その中でサッカーだけはU-13ニュージーランド代表にも選ばれて忙しくなってきて。季節が被るサッカーとラグビー、どちらか選ばなくてはならなくなったのが理由です。ラグビーは身体の大きさが絶対に大事、でも当時の私はすごく小さくて、将来的に身体が大きくなるかどうかなんて分からなかった。それがラグビーを続けるには不安要素となり、サッカーを選びました。16歳まではテニスを並行して、でもチームスポーツの方が楽しかったからね。父はテニス選手になって欲しくて私に投資してくれていたので、サッカーを選んだ時には相当ショックを受けていたことを覚えています。当時はサッカーよりもテニスの方が上手かったしね(笑)」

10/27(日) 9:46 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191027-00065859-sdigestw-socc

2 :Egg ★:2019/10/27(日) 11:03:34.23 ID:5egY2uiA9

当時の同僚には香川や柿谷。自分が一番下手なことに気が付いて…

――お父さんを悲しませてまで選んだサッカーの道、プロ選手になれたのはお母さんの母国“日本”でした。

「(日本語が得意じゃない私に代わって)母が履歴書を作って多くのJクラブへ送ってくれて、セレッソ大阪に入ることが出来たんです。同世代にはシンジ(香川真司)、カキタニ(柿谷曜一朗)、デカモリシ(森島康仁)とか代表選手がいっぱい居て。私もU-20NZ代表にも選ばれていた時期で自信があったんですが、練習を重ねるごとに自らが一番下手なことに気が付いて。ホームシックも重なって、毎日寮へ帰って泣いていましたよ」

――とはいえ、インドやオーストラリアでのプレーを経て、日本(FC岐阜)へ戻られていますよね。

「幾つかの理由はあったのですが、10歳(小学5年生)の時に1年間日本に住んでいてNZへ戻った時、C大阪からガイナーレ鳥取でのシーズン後にNZへ戻った時、日本から環境を変える度にサッカーが上手になっていることに気が付いていたんです。日本は母の母国というだけでなく、私を大人へと成長させてくれた大事な場所なんです」

――なるほど。その後はタイやマレーシアでの活躍が認められてオールホワイツ(サッカーNZ代表の愛称)にも選出。またクラブワールドカップ(2008年日本大会)へも出場されています。

「母国クラブ、ワイタケレ・ユナイテッドが世界で戦うために私を呼んでくれたのですが、久しぶりにNZへ戻って家族や友人たちに会えたこともあって安心してしまって。日本ではクラブワールドカップが認知されていて皆が知る大会でしょうが、当時の私は正直、大会の凄さを分かっていなかった。そして大会が始まる時にはチームメイト皆が成長して私はベンチスタートに。チームの力に成り切れなかったことが思い出の大会です」

――タイでの生活も丸5年になりますね。

「家族も増えて、皆がバンコクでの生活に慣れて楽しんでいます。辛い時期でも一緒に支えてくれたのは家族のお陰、いまは彼らのことを優先に考えながら日々頑張っています」

――そんな海外生活を生き抜くためには何が大事だと感じていますか?

「生活させてもらっている国や人に敬意を持つことだと思います。私は小さい頃から両親に礼儀礼節を厳しく教えられました。そして相手を敬う気持ちを持つようにとも。そういった気持ちがないと、同じ場所で生きさせてもらう仲間として認めてもらえないと思うんです」

3 :Egg ★:2019/10/27(日) 11:04:41.12 ID:5egY2uiA9

今回のラグビー日本代表メンバーとの意外なつながりも

――話は変わりますが、いまでもラグビーはご覧になられているのでしょうか?

「私がサッカーを選んでから25歳ごろまではラグビーを敢えて触らなかった時期でした。わざとファウルをもらったり、すぐに倒れたりするイメージがサッカーには強く、ラグビー国家であるNZではサッカーを馬鹿にする人も多いんです。でも今は少しずつ状況が変わって来ていて、認められ始めていることも感じます。いまでは私もNZ国民として、またスポーツを愛するひとりとして、オールブラックス(ラグビーNZ代表の愛称)を応援していますし、今回のラグビーワールドカップも気になって観ていますよ」

――ブレイブ・ブロッサムズ(ラグビー日本代表の愛称)の快進撃で、いま日本では空前のラグビーブームに沸いているんです。

「もちろん知っています。実はオールブラックスよりも日本代表の試合の方を観ていますから(笑)。友人のミカ(ミカ・チューヌァンシー/タイ代表DF/バンコク・ユナイテッド所属)はタイとウェールズのハーフで彼もラグビーが大好き。この前ふたりで『日本のスクラムハーフ(流大選手)がすごく良いよな』って話していたんです。両ウイング(福岡堅樹選手/松島幸太朗選手)もすごく速くて好き。ボールスピードの速さで相手をかく乱させ、チーム全員で激しく戦えていたことが、世界を驚かせた要因かなとも。私も観ていて感動したひとりですから。そういえば、今回の日本代表に選ばれていた中村亮土選手と茂野海人選手は、NZへラグビー留学していたことがあるのですが、その時に私の母の家にホームステイしていたらしいんです。彼らが日本代表に選ばれたことを母は偉く喜んでいてね、縁を感じますよね」

――最後にお聞きします。オールブラックスはどこまで勝ち抜けると思っていますか?

「最後まで、優勝でしょう。3連覇、間違いないです。だってオールブラックスだから(※インタビューは10月26日以前に行った)」

■プロフィール■
ヴィンセント・ケイン
1988年生まれ、ニュージーランド・オークランド出身。ニュージーランド人の父、日本人の母との間に生まれ、幼少期は多くのスポーツに没頭。センスの良さは地域ではズバ抜けていたという。07年、セレッソ大阪でプロデビュー。その後、インド・オーストラリア・日本・タイ・マレーシアを渡り歩き、今季はMOFカスタムズ・ユナイテッド(タイ2部)でプレーする点取り屋。サッカーを離れれば、優しい笑顔がトレードマークな1男1女のパパでもある。

4 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:04:56.29 ID:9ZVSPtod0

誰?

5 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:05:12.70 ID:ozSFhBTt0

Jリーガーよりは夢があるだろ

6 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:06:18.20 ID:kHO3RImU0

世界中どこでもサッカーが一番人気あるだろ
ラグビーと野球が一番人気の国なんてどこにもないよ

7 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:07:54.71 ID:yStlNiaB0

dareyanenn

8 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:09:55.22 ID:8+E7bwJr0

日本の男がモテる日は来るのだろうか

9 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:10:15.36 ID:URypTLj00

新日ハーフってプロレスラーかと

10 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:10:38.54 ID:e78LA6qO0

欧州のウィンタースポーツ大国よりNZやOZの方が商業的な発展は見込めそう

11 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:10:39.94 ID:V2LCeWCV0

人気の指標もバラバラだからな
サッカーも自称世界一を保とうと必死だ

12 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:10:49 ID:qUNNCaY1O

ハカ踊りたくないし…

13 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:11:23 ID:6FlwQkJQ0

今回のラグビー、マスコミやら無理に盛り上げようとしてる感がちょっとね・・・・

14 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:11:53.89 ID:6WQtAbAb0

>>5
お前みたいにラグビー民も野球民と同じくらいサッカー叩くから嫌いになったわ

15 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:11:58.42 ID:sU530NEL0

ラグビーは世界トップクラスだと年収1.4億円だからサッカーより夢があるだろ

16 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:12:38.71 ID:gySgVv4R0

痴漢されるから

17 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:12:51.41 ID:If944Fyp0

人気で選ぶってのは、自分の意思が弱いんだろ。
昭和の日本では野球の人気は圧倒的だったけど、今じゃジリ貧。
人気に捕らわれず、自分が好きな事をやればいいんだよ。
これこそ多様性なんだがな。

18 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:13:01.41 ID:3O+5/HYo0

気色悪い記事

19 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:14:40.52 ID:eLwdXZfw0

プレミアで活躍してるクリスウッドがいるしな

22 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:15:54.61 ID:b6Zy1Q8v0

21 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:15:15.70 ID:cAi68B5G0

調べたら「ケイン高木」と言う名前で2007年から半年だけセレッソにいた選手か

20 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:14:42.66 ID:3Blt2/U60

>>14
これまでサッカーがあらゆるスポーツを叩いてきたからじゃないですかね
因果応報

23 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:16:30.91 ID:ueNBlwnB0

珍しくサッカー選手がラグビー下げしてる記事かと思ったらNZ人か
日本人のサッカー選手は他競技をdisらないように厳しく言われてるんだろうな

24 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:16:36.47 ID:ZJWCygii0

>>6
どこでもじゃないだろ
アメリカはアメフト、インドはクリケット
野球が1番の国もベネズエラとか少しはある
ラグビーが1番の国はたぶん無いな

25 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:16:36.77 ID:+iR1VnGH0

>ニュージーランドで子どもに一番人気のあるスポーツは今も昔もサッカーなんです

・・・嘘だ・・・嘘だ!!信じたくない!!!

26 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:16:54.54 ID:b6Zy1Q8v0

>>15
世界トップクラスのラグビー選手よりJリーガーの方が稼げるんだな…

27 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:17:07.88 ID:iXJezRxc0

ラグビーはフィジカルモンスター要求するくせに年俸低いもんな
フィジカル身長あるやつ→バスケ
フィジカルあり低身長→サッカー
モノ好き→ラグビー

28 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:18:03.76 ID:ZuiUl8XR0

ニュージーランドのラグビーの代表選手より、欧州渡った無名のサッカー選手のが稼ぎ上だからな

29 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:18:11.53 ID:/BiKF0yD0

そりゃサッカー選手みたいなモヤシはラグビーなんか出来ないだろうしね

30 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:18:36.20 ID:dJvFxU1m0

その昔ジェフにニュージーランド史上最高のサッカー選手が在籍していた

31 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:20:24.65 ID:b6Zy1Q8v0

ニュージーランド人「だってラグビー選手になったら気持ち悪い踊りさせられるんだもん…」

32 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:20:27.96 ID:Y5HNYrNJ0

ヴィンセント・ケイン 日本在籍時の戦績

2007年 – 2007年6月 セレッソ大阪(当時J2)出場無し
2007年6月 – 2008年7月 ガイナーレ鳥取(当時JFL)3試合1点
2013年7月 – 12月 FC岐阜(J2)6試合0点

33 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:20:40.36 ID:rh01YF1a0

>>15
世界トップでそれだと平均値中央値では相当低そうだな

34 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:21:02.12 ID:eLwdXZfw0

>>29
クリスウッド知らない馬鹿だから書けるレス

35 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:21:13.55 ID:u4aryqry0

>>24
ベネズエラってプロ野球リーグ消滅しなかった?
サッカーのベネズエラ監督が言ってたが、ベネズエラの競技人口はサッカー>野球らしいぞ。

36 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:21:46.71 ID:+jGQS4kh0

ラグビーは、条件の大して良くない日本に外人が沢山来るくらいだからな。
母国での待遇もお察しなんだろう。

37 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:22:07.10 ID:0wXvTlBh0

ラグビーなんて野球に毛の生えた程度の人気
サッカーには勝てませんよ

38 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:22:23.68 ID:yd/nsSmh0

>>17
そんな事言ってないけど

39 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:22:40.95 ID:SNRtmJ9Z0

>>14
どこにでも現れるサッカーガイジが何を言うかwww

45 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:24:07.05 ID:fv5LA/EH0

あのギョーザ耳見たら選ばねえよ

48 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:27:51.72 ID:4S0eFLu90

NZクリケット主将ウィリアムソンとかはカッコイイからね
日本野球のイチロー的な選手
成長するとそちらを選ぶ少年サッカー選手も出てくる

49 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:27:52.23 ID:eLwdXZfw0

>>46
コンフェデではやってなかったけど
今もやってんの?

54 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:31:30.97 ID:FT4vi2hb0

>>17
当時小さくて体が大きくなるか分からないからサッカー選んだってよ

55 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:32:04.04 ID:K9bZ4Z1a0

ニュージーランドはラグビー人口が減って野球が増えているよ
芸スポ的には信じないだろうけどねw

71 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:40:06 ID:GLmRwvro0

わろた
そりゃサッカー誌は危機感もつだろな

83 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 11:43:17.62 ID:MDoqIDtf0

>>20
バカか?

151 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 12:05:51.70 ID:KLXTmtSw0

>>123
デカモリシよりも下手だったんだと

184 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 12:15:09 ID:BC5m5pvX0

ニュージーランドっていつぞやのサッカーワールドカップのグループリーグで3戦全引き分けっていう珍記録作ってなかった?逆に凄いと思った

252 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 12:51:52.76 ID:WGRgdQnP0

>>172
>Jリーグ立ち上げるときにバカにして門前払い喰わせた

今も昔もサッカーは嫌われてるって事だなぁ
叩かれるのも仕方ないか

301 :名無しさん@恐縮です:2019/10/27(日) 13:18:42.28 ID:6AJFH4xS0

>>70
サッカーは下層階級のスポーツだから
上流の子はサッカーやるにしても下層の子供たちとは絶対にやらないし
大半の中流階級以上の親はサッカーが好きでも
自分の子供にはやらせない
相撲が好きな日本人でも
自分の子を中卒で相撲をやらせないのと同じ

514件をまとめました。
最新情報はこちら